くりやまクリエイティブステイ

移住体験ショートステイプログラム「くりやまクリエイティブステイ」参加者の生活の様子をご紹介するブログです。

大好きなほっかいどう、大好きになったくりやま

こんにちは、おさむしです。
5泊6日の楽しかったお試し暮らしも、もうすぐ終わり・・・
滞在中に感じたことを整理しながら、最終日を過ごします。
色々なことを思い出して、栗山のカフェでゆっくりと。
(最後の記事は思いを込めすぎて、私の話になってしまいました)


◆大好きな北海道にある、大好きになった栗山町

f:id:kuriyama-iju:20190130163916j:plain

最終日は、ずっと気になっていた栗山のおしゃれなカフェを訪問。
おいしいバターコーヒーをいただきながら、パソコンをカチカチ。
地元のカフェでゆっくり記事を書く・・・本当に贅沢な時間です。

f:id:kuriyama-iju:20190130163733j:plain

「周りの音も曲の一部として聞こえるように、音のスキマをつくる」
私の好きな作曲家が、曲をつくるときにこだわっていることです。
都会のカフェにいくとみんなイヤホンをして作業をしています。
イヤホンを外すと大勢の人の声が混ざって聞こえてきて、頭が痛くなります。

f:id:kuriyama-iju:20190130163723j:plain

栗山のカフェで、ローカル局のラジオを聴きながら、地元のお客さんと店員さんの会話が音楽に心地よく混じり合って、それをBGMに作業する。
こんな贅沢は、都会では絶対に味わえないものだなと感じます。

 

**********


栗山で過ごした6日間、「都会暮らしにはない良さや不便を検証する!」と意気込んで色んな所へと行きました。

▼滞在中に書いた記事一覧

  1. 栗山町では、どんなイベントがあるの? - くりやまクリエイティブステイ
  2. 休みの日の過ごし方 in 栗山町 前編 - くりやまクリエイティブステイ
  3. 休みの日の過ごし方 in 栗山町 後編 - くりやまクリエイティブステイ
  4. くりやまからはじまる優雅な休日 前編 - くりやまクリエイティブステイ
  5. くりやまからはじまる優雅な休日 後編 - くりやまクリエイティブステイ
  6. 北海道って本当に食材がおいしいの? - くりやまクリエイティブステイ
  7. 栗山町で北海道の野菜を食べよう! - くりやまクリエイティブステイ
  8. 日本一のきびだんごをつくるまち 栗山 - くりやまクリエイティブステイ
  9. くりやまの素敵なラストナイト in くりとくら - くりやまクリエイティブステイ

 

▼検証したこと

  • 休みの日の過ごし方
  • 寒さや雪について
  • どんなイベントがあるのか?
  • 若者の溜まり場
  • リモートワークできるカフェ
  • 食事のおいしさ etc…


今まで書いてきた記事の中で、上記のような感じたことを書いてきました。
しかし正直なところ、不便も楽しみ方次第でメリットになるし、どれもこれも慣れてしまえばたいした不便でないんですよね。

寒さや雪も慣れればなんてことないし、休みの日のレジャーやイベントは町内で満足できなかったら遠出すればいいし、カフェは行きつけになれば長居して作業してもいいだろうし、毎日の食事は食材にこだわれば自宅でもおいしいし、ちょっと贅沢したいときはレストランに行けばいいし、歩いて温泉だって行けるし、足りないものがあったらA●●zonで買えばいいし、あとは家族がいたら最高!、言うことなしです。

栗山町でお試し暮らしをしてみて感じたのは、札幌の外れにある私の実家と環境はたいした変わらない。むしろ自然が多い分、町がコンパクトな分、気持ちよく過ごせるし、人も少なくて落ち着く。そんな風に感じました。


私の実家の近くは、新しい家が増えていて家族連れを中心に住む人が増えています。幼少期から住んでいた私にすると、ギリギリ札幌なだけでなにもない、地下鉄も通っていない場所なのに、なんで人が増えているんだろうと疑問に感じてしまいます。
栗山の方が絶対に楽しいじゃん!と今回の滞在で何度も思いました。
あれもこれも「知らない」だけなんです。栗山町にどんな人がいて、地元の人がどんな生活をしているのか?札幌出身の私でも知らないことだらけでした。

滞在中のある日、訪れた先で栗山町在住の女性と話をしました。
その方は札幌市出身で、旦那さんの都合で栗山町にやってきたそうです。引っ越してきたばかりの頃は、知り合いも少ないし、人も歩いてないし、寂しさを感じることもあったそうです。しかし時間が経つにつれて、友達も増えて、暮らしやすさを感じるようになったんだそうです。今では、たまに札幌へ行くと人混みが嫌で疲れちゃうんだとか。でも町内の高校生があまり出歩いてなかったりするのは、少し寂しいなとおっしゃっていました。
その人は本当に楽しそうに栗山のことを話す人で、その表情に自然と引き込まれていきました。

ずっと暮らす場所を決めることは、とてつもなく不安で、臆病になってしまうほど、大変なことです。
なんだかんだ理由をつけたって最後は、どんな「人」と出会うか?なにをして「働く」かで選ぶのではないでしょうか?

 


私が大好きな北海道は、

f:id:kuriyama-iju:20190130163714j:plain

四季を感じることができて、

f:id:kuriyama-iju:20190130163719j:plain
水がおいしくて、

f:id:kuriyama-iju:20190130163728j:plain

やきそば弁当がうまくて、

f:id:kuriyama-iju:20190130100330j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190129174730j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190128100204j:plain

ご飯がおいしくて、

f:id:kuriyama-iju:20190130163737j:plain

とてつもない大自然に感動する場所です。
(この夕日は、栗山町内で撮影した景色です)

f:id:kuriyama-iju:20190130100345j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190127225751j:plain

そして、素敵な人に出会える場所です。

私は、北海道にUターンしたい理由は?と聞かれたら、「生まれた場所だから」と答えると思います。
人それぞれ、様々な理由で、北海道に住んでいる方がいると思います。
その中でも私は、北海道で育った若者が「戻ってきたい!」と思える場所にしていけるように小さなことからはじめたいと妄想しています。
大好きな北海道で、自分が楽しく暮らすために、この5泊6日の滞在期間は、様々なことを考えるキッカケとなりました。
最後は自分の話中心になってしまい、すみません!!笑

この"くりやま暮らし"の機会を作っていただき、滞在中に関わっていただいた栗山の皆さまには、とても感謝しております。
本当に、本当に、ありがとうございました!!!

そして、この長い記事を読んでいただいた読者の方々もお付き合いいただき、ありがとうございました!
栗山に行ったことないアナタ!良さを感じるのは、行ってみて直接感じるしかないので、ぜひとも一度遊びに行ってみてください!

最後に。栗山に移住したい人は・・・

  1. 車と冬道を運転する覚悟
  2. 現地の人と繋がりをつくっておく
  3. 仕事をなんとかする
  4. 栗山に飲みに行く
  5. 不便を楽しむ気持ち

をつくっていくことを、おすすめします!
お試し暮らしを実際にしてみて、私にとって栗山町は「移住したい!」と思える場所になりました。
東京の便利に慣れきった私でも、楽しく暮らしていける町だと感じました。
栗山町の皆さま、これからも色々とよろしくお願いいたします!!

くりやまの素敵なラストナイト in くりとくら

こんにちは、おさむしです。
栗山滞在6日目、お世話になったこの町とも、もうすぐお別れ。
くりやま最後の晩餐ということで、『cafe&bar くりとくら』へ行きました。
「また来よう!」と思える、そんな素敵な夜の時間をいただきました。


◆カフェバルからはじまる新たな物語 くりとくら

f:id:kuriyama-iju:20190130100310j:plain

人の気配がない、暗い暗い夜道を、ひたすら歩く、、、歩く、、、
この日は滞在最後の夜ということで、おいしいものを食べに行こう!
そしてお酒が飲みたい!
ということで、宿泊先から30分ほど歩いて、駅前商店街にある「cafe&bar くりとくら」へ行ってきました。
北海道の人は車移動が多くて全然歩かないですが、私はおいしいお酒を飲むためなら30分くらいは平気で歩けちゃいます!

f:id:kuriyama-iju:20190130100315j:plain

「冷えない靴が欲しい・・・」と思った頃に、くりとくらに到着!
ここは元々あった建物を活かし、町内のデザイナーさんに設計してもらい改装したお店で、雰囲気にあったかさを感じます。
地元にこんな素敵なお店があったら通ってたな…と思いながら店内へ!


こちらのお店は、地域密着型のカフェバルとしてOPEN。
若者のコミュニティをここから作っていくことを目指して、将来的には二階にゲストハウスも開く予定だそうです。
先日、日経新聞にも取り上げられて大注目なお店です!

f:id:kuriyama-iju:20190130100341j:plain

おいしそうなメニューがいっぱい!
町内の野菜を使った料理や小林酒造さんのお酒も楽しめちゃいます!
お酒の種類は道内一!ってくらいたくさんの日本酒が置いてありました。

f:id:kuriyama-iju:20190130100320j:plain

お腹がペコペコになっていたので、さっそく料理を注文!
まずは先日伺った「値ごろ市」さんで作っているお漬物をいただきます。
味がまろやかで、何枚でもひたすら食べれちゃう!日本酒に合うお味でした!
お通しのじゃがいもの味も抜群!!

f:id:kuriyama-iju:20190130100325j:plain

次は小林酒造さんのお酒を贅沢につかったあさりの酒蒸し!
口の中でやさしく、あさりと日本酒の風味が広がります。
地元の味を地元で味わう!なんと贅沢!

f:id:kuriyama-iju:20190130100330j:plain

そして、メインディッシュの手作りピッツァ!!
なんと店内の釜で焼き上げています。
濃厚なチーズとトマトや野菜のしっかりとしたお味が最高。
思わず「幸せだな…」とつぶやいてしまいました。

f:id:kuriyama-iju:20190130100336j:plain

そして日本酒!生酒!
冬季限定の純米大吟醸おりがらみ「冬花火」
一部のお店にしか置いてないので、とってもレアものです。
"おりがらみ"というのは、搾りたての引き締まった味わいに、おりを絡ませる事でコクを出したお酒だそうで、深みがあるのに飲みやすい上品なお味でした。
本当に寒い中、冬の花火を見ているような気分に…

f:id:kuriyama-iju:20190130100345j:plain

食事をしながら、お店を経営されている「合同会社オフィスくりおこ」と栗山で活躍する地域おこし協力隊の皆さんと色々な話を楽しくさせていただきました。
写真のとおり、一晩で家族のような、あたたかい雰囲気で迎えてくれる、素敵な皆さんでした!
栗山町で一緒に同じ時間を過ごせて、「また帰ってきたい」と思える場所ができました。
おいしい料理に、楽しい話に、本当にありがとうございました!


「栗山町を日本一若者がいきいきと活躍できるまちにしたい!」
そんな思いで、栗山で活動されている人たちがいて、栗山町って本当に素敵なまちだなと感じる夜になりました。


▼cafe&bar くりとくら
住所:北海道夕張郡栗山町中央2丁目95
電話番号:0123‐76‐7700
営業時間:18:00~24:00・土日ランチ営業(11:30~14:00)
定休日:日曜日(ランチ営業あり)・月曜日(終日)
※詳細はホームページをご覧ください

www.kurioco.com


あと残すは、半日。
栗山町で感じたことをゆっくりと整理して、過ごしたいと思います。

日本一のきびだんごをつくるまち 栗山

おはようございます、おさむしです。
栗山生活も5日目に突入、残り時間もあと少し…
いいところがたくさんで、一週間くらいじゃ回りきれない!
この日は、駅周辺にある栗山の名所を訪れました。


◆谷田製菓の日本一のきびだんご

f:id:kuriyama-iju:20190130004502j:plain

みんな一度は見たことのある、可愛い桃太郎のキャラクターが特徴的なきびだんご!
オブラートは剥がさなくても食べられます!(子どものとき、オブラートが嫌で剥がして食べてたなあ…笑)
桃太郎といえば岡山のイメージですが、道産子は桃太郎といえば谷田製菓さんです。

f:id:kuriyama-iju:20190130004314j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190130004318j:plain

駅を越えて橋の下をくぐった先を左に旋回すると、谷田製菓の本社があります。
事務所では、谷田製菓の商品を直接買うことができます。
昔は一種類しかなかった気がするのですが、メロン味やミルク味、とうきび餅なんて商品も出ています!

f:id:kuriyama-iju:20190130004457j:plain

ここでしか買えない(?)桃太郎が可愛いスマホケースや湯呑み、クリアファイルなども販売しています。
冬季限定で大甞飴(たいみょうあめ)という商品も作られています。

f:id:kuriyama-iju:20190130004510j:plain

お土産を買ったら試供品もおまけでつけてくれました。
本社で購入するならではの、こういったやさしさが素敵ですよね。

f:id:kuriyama-iju:20190130004506j:plain

裏手にはレトロな工場があって、予約すれば見学することもできます。
きびだんごは大正12年に開発され、創業以来変わらない伝統の作り方を守りながら受け継がれています。

昔ながらの味を守り続ける…素敵な会社さんですよね!
この日は行けなかったのですが、谷田製菓の近くには小林酒造の蔵もあっ
て、こちらも見学(要予約)ができたり、お酒を買ったりできます。
栗山を訪れたら、一度は行っておきたい有名な老舗の2つです。

 

▼谷田製菓公式ホームページ

谷田製菓株式会社

 

▼小林酒造公式ホームページ

北の錦 | 小林酒造株式会社 - 創業明治11年。北海道夕張郡栗山町の酒蔵。



◆くりやまのお散歩スポット

f:id:kuriyama-iju:20190130005708j:plain

栗山駅から車で5分ほど、滞在先からは歩いても行ける場所にあったので、お昼から贅沢に温泉を楽しむために徒歩でくりやま温泉へ向かいました。

f:id:kuriyama-iju:20190130005712j:plain

がびーーーーーん!残念ながらこの日はあいにくのお休み。
インターネットやSNSを見ても休みの日がわかりづらかったので、そこらへんはなんとかしてくれるとうれしいですな!

f:id:kuriyama-iju:20190130010007j:plain

夜に近くを通ったら、イルミネーションはきれいに輝いてました!
くりやまの若者たちの隠れデートスポットだったりして・・・

parahill.jp



他にもチェックしたかったスポットがたくさんあったのですが、時間がなくて断念!

f:id:kuriyama-iju:20190130010014j:plain

くりやまんが喫茶とか・・・

f:id:kuriyama-iju:20190130010018j:plain

洒落た外観に雰囲気が漂う、東京堂コーヒー店とか・・・

f:id:kuriyama-iju:20190130010023j:plain

居酒屋 おらが村とか・・・

f:id:kuriyama-iju:20190130010028j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190130010032j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190130010037j:plain

栗山公園とか・・・・

温泉に、公園に、おしゃれなカフェに、まんが喫茶に、ぶらり散歩スポットたっぷりな1日散歩しても飽きないくらい素敵なスポットがたっぷりでした!
やり残したことがあると次くるのが楽しみになる、、、!
次回はもっとゆっくりと滞在してみたいと思う日になりました。

次はいよいよ最終日!

栗山町で北海道の野菜を食べよう!

こんにちは、おさむしです。
前回に引き続き、テーマは「北海道のおいしい食」
ということで、栗山町内にある野菜の直売所を紹介します。
地元で食べる野菜は、食材そのものの味が格別です!


◆食材天国!ほっかいどう!

f:id:kuriyama-iju:20190129174722j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190129174638j:plain

栗山町で地元の野菜を食べたい!そんなときは「値ごろ市」さんという野菜の直売所がおすすめです。
町内のお野菜はもちろんのこと、道内外の新鮮な野菜が販売されています。

f:id:kuriyama-iju:20190129174759j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190129174737j:plain

栗山の特産品、「さらさらレッド」と「スマイルボール」
この日は「スマイルボール」を購入、辛味が一切なくて生でも食べられちゃいます。オニオンスライス、なまらおいしかったです!
他にも「越冬キャベツ」や「じゃがいも」など、地元の野菜がありました。
夏は「グリーンアスパラ」と「ホワイトアスパラ」がおすすめだそうです!

f:id:kuriyama-iju:20190129174746j:plain

お店を運営している「湯地の丘 自然農園」さんでは、冬の野菜が少ない時期でもお客さんに楽しんでもらえるように、道内外各地の農家さんと連携して日本各地の野菜を販売されています。
農家さん同士のつながりでお店ができているというのはとても素敵ですよね!

f:id:kuriyama-iju:20190129174742j:plain

こちらにある豆腐や三角揚げも、農園で栽培された大豆を使って製造された商品なんだそうです。
農園で育った大豆くん、おいしい豆腐になって農園に帰ってくる、そしてお客さんの笑顔のためにまた旅立つ、、、なんだか泣けてきます(T . T)

f:id:kuriyama-iju:20190129174755j:plain

f:id:kuriyama-iju:20190129174750j:plain

おうちごはんの食材を探しにきたのに、我慢できずに「野菜カレー」を頼んでしまいました。
お店には、直売所の横にカフェスペースが併設されていて、食事をしたりおやつタイムを楽しむこともできます。

f:id:kuriyama-iju:20190129174730j:plain

野菜ごろごろカレー!これでなんと650円ですよ!
野菜の味がカレーに負けないんですね…!
お肉もしっかり入っていて、なまら大満足。
コーヒーも100円で飲めちゃうなんて…
夢のノマドワーカーになったら絶対通うこと間違いなし!な場所でした。

▼値ごろ市
定休日:木曜日
※営業時間などはホームページをご確認ください

http://www.shizennouen.com/market




東京のスーパーで食材を買っていると、気にするのは国産かどうかくらいで、産地まで見てる人は少ないのではないかと感じます。
値ごろ市さんで地元の人が育てた野菜を買って、スーパーで足りない食材を買い足す。
そんな風にして、毎日夕食をつくれたら野菜を食べるのが楽しくなるし、献立を考えるのも楽しくなるんじゃないかなーと思いました!
楽しみ方は人それぞれですが、味・値段ともに都会よりお得なのは間違いなし!
改めて意識して食材を買うことで、北海道って本当に食材がおいしい!と自信を持って言えるようになった気がします!

値ごろ市の店員さんと世間話をしてたときに、地元の学生はあまり普段来ないと言ってたので、近くの高校生がちょっと寄り道して食べたい野菜を買っていく場所になったらいいなーなんて、ひとりで妄想を広げていましたとさ。

北海道って本当に食材がおいしいの?

こんにちは、おさむしです。
栗山町滞在4日目、本日のテーマは「北海道のおいしい食」です。
お寿司、海鮮、野菜、ジンギスカン、ラーメン、スープカレー
おいしいものを挙げればキリがないですが、ここで紹介するのはおうちごはんの食材についてです。


◆スーパーにも北海道の食材がたくさん!

北海道といえば「食」
おいしいものをたらふく食べているイメージがありますよね?
しかし幼少期の私は、寿司もラーメンも生野菜も苦手で、日常の中でおいしいものといったら母親のつくる料理でした。(今は全部だいすきです)
外食よりも実家のご飯を思い出すなんて、知らず知らずのうちに北海道のおいしい食材をたくさん食べてきたのかもしれませんね!

f:id:kuriyama-iju:20190129172133j:plain

今回の滞在期間で、北海道の食材でつくったおうちごはんを紹介しましょう!
栗山町内には「LUCKY」と「マックスバリュー」というスーパーがあって、それぞれ北海道では見かけることが多いです。
この日は「LUCKY」でお買い物!献立は、魚介ちゃんちゃん味噌鍋です。

f:id:kuriyama-iju:20190129172156j:plain

スーパーへ行ったのは夕方ごろだったのですが、すでにお値引き祭がはじまっていました!
東京と比べると他県産の野菜は似たり寄ったりのお値段ですが、北海道産の野菜やお肉がなまら安い!さらに40%〜半額引きとか破格の値段ですよ。

f:id:kuriyama-iju:20190129172221j:plain

北海道産の「本ます」「助宗たち」「生がき」に「カニ入りすりみ」と野菜…具沢山で豪華な鍋になりました!
これで合計1830円!安すぎる・・・
鍋の彩りがいまいちなのは、お許しください(笑)味はなまらおいしかったです!


◆特産の食材を地産地消

あくる日、、、前回は海鮮だったので今度はお肉!
ということで、スーパーに売っている食材で焼肉をすることに。

f:id:kuriyama-iju:20190129172254j:plain

北海道といえばジンギスカンっしょ!!
この日は「長沼ジンギスカン」と「塩ホルモン」をスーパーで購入。
家でジンパ(ジンギスカンパーティ)をしました。

f:id:kuriyama-iju:20190129172316j:plain

スーパーでは「なんぽろジンギスカン」や他の特産肉も販売されており、家庭でも道内ならではの味が楽しめちゃうんですね。
少し車を走らせれば、直営店なんかもあるようなので、ドライブがてら買いに行くのもアリですね!
ジンギスカンだけでなく、北海道産の良質な豚肉や牛肉も安いので、日頃からおいしい食材でご飯が楽しめます。

 

次の記事では、町内にある野菜の直売所「値ごろ市」さんを紹介したいと思います!